イメージ写真

広島湾で獲れた魚介類を提供している飲食店等を紹介します。

当サイトの飲食店等の情報は、各お店から提出されたものです。内容については、各お店にお問い合せください。

  • 牡蠣料理
  • 黒鯛料理
  • 地魚料理
  • 50音検索

今が旬の魚介類!

カキカキ

広島の味覚の代表選手は「広島かき」ですね。 かきは世界中で愛されている海の幸。かきの美味しさの秘密であるグリコーゲンがたくさん蓄えられる晩秋から初春にかけて、ここ広島は、「かきの街」に変わります。 広島湾で育った新鮮なプリプリの「広島かき」は、磯の香りがして、和・洋・中のあらゆる料理で楽しめます。 美容と健康にもバツグン。

黒鯛黒鯛

このグルメサイトでお奨めの冬の味覚が「黒鯛」です。 広島湾で漁獲される「冬の黒鯛(寒チヌ)」は隠れた人気魚なのです。皆さんには、あまり馴染みがないかもしれませんが、知らない内に刺身、寿司、塩焼きなどで、その美味しさを味わっています。 今度は、ぜひお店で「黒鯛」と注文してね。

ナマコナマコ

広島湾では、11月から3月にかけて「なまこ」漁が行われます。 寒い中水揚げされた新鮮な「なまこ」を、薄くスライスした酢の物は、コリコリとして、お酒好きなお父さんにはたまりませんね。また、竜田揚げやしゃぶしゃぶなどにしてもまた違った味が楽しめます。 広島の「なまこ」と「地酒」でもう一軒。

江波沖(広島市)のカキ養殖漁場から雪の広島市内を望む

 
ページの先頭へ